大掃除 窓拭きは新聞紙を使う!?のは嫌!お掃除方法と簡単グッズ

投稿者: | 2015年11月6日

oosouzi.madofuki.sinnbunnsi

今年もやって来た大掃除の時期。一番憂鬱なのは窓ガラスの掃除。これってかなりの重労働ですよね。

今日はお掃除方法と我が家で愛用している便利グッズをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

大掃除 窓拭きには新聞紙!?

窓ふき、窓掃除などで良く言われるのが新聞紙を使ったお掃除方法。

  1. 新聞紙1面分を握れる大きさまでクシャクシャと丸め新聞紙ボールを作る。
  2. 新聞紙ボールを濡らし窓を拭く
  3. 次に乾いた新聞紙ボールで窓を拭く。

窓の汚れは排気、泥、ゴミ・ホコリ。内側は手垢や油、ほこり、ヤニ。洗剤を使わなくても新聞紙のインクが油分を分解し、ツヤが出て、ワックス効果があるのでその後の汚れもつきにくくなる。

と言う方法です。

が、実際に試してみると分かりますが、新聞紙って想像以上にゴワゴワしています。
窓の汚れ云々よりも窓ガラスがキズになりそうで怖い(^^;)

私はソッコー断念してしまいました(笑)

ならば!と新聞紙を雑巾のようにきちんと折りたたんでやってみたのですが、滑りが悪いしだんだんボロボロとしてきて。。。
フツーの雑巾でやった方が早いんじゃないの!?と。

そこで、やっぱり一般的な昔ながら(?)のやり方に落ち着きました。

【用意する物】

  • ガラス用洗剤、または中性洗剤(油汚れなど汚れがひどい時)
  • スクイジー(T字の水きり)無くても可
  • 大き目のスポンジ

大掃除の窓拭きのコツは、初めから固く絞った雑巾でゴシゴシしないこと。泥汚れがあると白く筋になったりストレスのもとです。

【窓掃除のやり方】

    1. ホースが届けば窓ガラスにジャバジャバ水をかけて大きめのスポンジで優しく洗う

※この時に汚れがひどければ、中性洗剤を100倍に薄めたものを吹きかける

  1. 窓までホースが届かなければ、大きめのスポンジにたっぷりと水を含ませ窓を優しく洗う
  2. スクイジーで窓ガラスの水気を切る

スポンジで洗うと言うより、水の力で汚れを浮かせると言う感じです。
なので、窓掃除をやる時はくもりの方が向いています。お天気が良いと窓の水がすぐに乾いて筋になってしまいます。

スポンサーリンク

洗剤を使用した場合は、何度か水で流してスクイジーで水気を切って洗剤を流します。スクイジーがなければ雑巾で。
ですが、スクイジーはひとつあると便利なのでおすすめですよ。

我が家では、スポンジとスクイジーが一体となったこちらの窓掃除用ワイパーが大活躍です。簡単にパッと出せて使えるので大掃除以外でも窓の汚れが気になった時に使っています。

室内の窓ふき

室内は外のようにバシャバシャ水を使って掃除することは出来ないので、霧吹きなどに水を入れて拭きかけ 汚れが浮いてきたところでスクイジーで水きりをします。

下にピクニックシートや要らないタオル、新聞紙などを広げておきましょう。

あとがき

窓掃除にメラミンスポンジを使うのは厳禁。メラミンスポンジは、研磨作用によって汚れを落とします。通常、窓ガラスの方がメラミンスポンジより硬いのでキズは付きませんが、最近の窓ガラスは外に撥水加工が施されていたり、室内側も機能性があるコーティングがされている場合があるので、その部分をこすってしまうとくもりガラスに。。。(^^;)

汚れが落ちるかも!なんてうっかり使わないように気を付けましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す