地震対策 家具の配置はどうする?あなたの家は安全ですか?

投稿者: | 2015年2月17日

zisinntaisaku.kagunohaiti

近年起きた地震によるケガ人の30%~50%が
家具の転倒、落下、移動によるものだそう。

地震大国と言われる日本に住んでいる限り
地震対策は避けて通れません。

今日は安全な家具、家電の配置を見直してみたいと思います。

スポンサーリンク

地震対策 家具の設置で気を付けたいところは?

地震を防ぐことは出来ませんが、家具、家電によるケガは防げます。

食器棚はリビングテーブルのそばに置かない
ベッドのそばにタンスを置かない
リビングのテーブルのそばや、寝室のベッドのそばには
家具を置くのは避けたいところ。置くなら、背の低い家具を!

 

ドアの出入り口付近に家具を置かない
ドアの出入り口付近にも家具を設置するのは危険。
家具が倒れたり、地震の揺れによって移動すると
ドアが開かなくなり、部屋に閉じ込められてしまう危険があります。

 

窓際にピアノは置かない
地震が起きると、ピアノが倒れたり、移動して
窓の外へ出てしまう危険があります。
マンションなど特に高層階は注意が必要です。

 

廊下や玄関に家具を置かない
廊下や玄関も非難するときのことを考えると、
転倒する危険のある家具の設置は避けた方が無難です。
yubiyazirusi
家具の安全な配置のポイント

・地震の時に、凶器になりそうなものは出来るだけ減らす。
・転倒や移動で、ドアの開閉ができなくなる、
 非難する経路の妨げになるような家具の配置をしない。
・テーブルやベッドなど普段「自分がいる」場所に向かって
 家具が倒れてこないように配置する。

スポンサーリンク

家具に収納する物にもひと工夫

食器棚など家具に何かを収納するときは、重心が下に来るように
大皿など大きい食器、重いものを下に置きます。

上に行くにしたがって、割れないものや
タッパーなど軽いものを収納します。

これは、本棚も一緒!
本は一番下、上には子供のおもちゃ、ぬいぐるみなど
落ちてきてぶつかっても軽度で済むような収納をします。

地震対策 テレビや電子レンジを置く場所は?

テレビや電子レンジなど重いものでもあっという間に
転倒、落下します。

電子レンジが冷蔵庫の上に置いてあったりしませんか?
テレビのダッシュボードは背が高すぎませんか?

テレビや電子レンジは、なるべく低い位置に置くようにします。

まとめ

人が地震に気づき、行動するまでに約7秒かかると言われています。
そして、家具が転倒するのは1.2秒。

家具の固定や転倒防止グッズを利用すると共に
避難経路の妨げにならない家具の配置の見直しもとても重要です。

廊下や寝室、どこか一部屋でも落下物の心配がない
「家具を置かないスペース【とりあえず逃げ込める部屋】」を
作ることが理想です。

関連記事
>>防災セットを自作するなら中身はどんなものが必要?選び方の基準とは?
>>地震対策 グッズ 家具の転倒防止、飛び出し防止対策はこれ!

 

スポンサーリンク

コメントを残す