ワンプッシュの虫除け 赤ちゃんへの影響は?どんな使い方をすれば良い?

投稿者: | 2016年3月23日

wannpussyu.musiyoke.akatyan

「ワンプッシュで蚊がいなくなる」「ワンプッシュで蚊に効く」など1日ワンプッシュで蚊を撃退する!と言う虫よけ商品。

でも便利な反面、そんなに効果が持続するなんて赤ちゃんに影響はないの?と少し心配になってしまいますよね。

赤ちゃんへの影響は本当にないの?安全な使い方は?などをお伝えします。

スポンサーリンク

ワンプッシュの虫除け 赤ちゃんへの影響は?

現在の家庭用殺虫剤には、ほとんど「ピレスロイド系」の薬剤が使われています。ワンプッシュタイプの虫除けも同じです。

ピレスロイドとは?
昆虫などの変温動物にとっては有毒な物質で、神経に作用しマヒさせて退治する高い殺虫効果を持っていますが、 人間など体温を調整できる生き物の体内に入った場合は、体内の酵素の力で分解してしまうので、ほとんど毒がないという殺虫成分 です。
ワンプッシュで効果が持続するのはなぜ?
最近は、このピレスロイドの仲間として空気中に有効成分が広がる「トランスフルトリン」と言う殺虫成分が使用され、粒子が非常に小さくて軽いので長時間に渡り空間に漂い続け効果を発揮。また、床や壁に付着してもそこから薬剤が再蒸散して効果を発揮し続けるため、殺虫効果が長続きします。

人間に対しては、低毒性でほとんど害がなくワンプッシュで効果が持続するので使いやすい虫除けなのですが、やはり殺虫剤には変わりないため過剰な使用は禁物。

特に、長時間にわたり閉め切った部屋で使用するのは決して安全とは言えません。

人間が大量に摂取したり吸い込んでしまうと、くしゃみ、鼻炎、下痢、嘔吐、頭痛、耳鳴り、顔面蒼白などの中毒症状や、重症になると呼吸困難、ふるえなどを引き起こすこともありますし、アレルギーを持っていたり過敏症の方は皮膚炎やアナフィラキシーショックに陥ることもあります。

スポンサーリンク

蚊がいなくなる スプレーを赤ちゃんの部屋にも使うには?

上記したように、長時間お部屋の空気を入れかえないまま使用するのはおすすめ出来ません。定期的な換気を心がけましょう。もちろん部屋の空気が入れ替われば、有効成分も逃げてしまうので効果はダウンします。

ですが、ピレスロイド系の薬剤だから安全と言うわけでもなく、乳幼児の頃から毎日必要以上に使い続けると体内に蓄積されていき、大きくなってから化学物質過敏症などになってしまう可能性もあるそう。

マウスを用いた実験では、脳に影響が残り、成長してからも行動や機能に影響を与えることが報告されています。


使用量と使用方法はきちんと守ることが大切。

また、赤ちゃんの部屋にも使うには

  • 外出前にシュッとやって行き、帰宅後はお部屋同士の空気を循環させる。
  • 使う部屋には数時間前にシュッとやり、高濃度の有効成分を吸い込まないようにする。
  • 赤ちゃんが口に入れる可能性があるおもちゃがあるところでは使わないようにする。
  • 噴射した時、肌に付かないようにする。
  • 帰宅後は、ドアの開閉から蚊が入ってくる場合もあるので玄関でシュッとやる。
  •  

    など使い方にも工夫をしたいところです。

    殺虫剤の成分が気になるママの声を反映してかシャープから新しく登場したのが蚊取機能付きの空気清浄機。

  • 薄暗い所が好き
  • 隠れたがる
  • UVライトに寄って行く
  • と言う蚊の習性を利用し、薬剤を使わず蚊を捕獲。プラズマクラスター搭載で空気をキレイにしながら蚊もやっつけます。なんと、世界初!だそうです。日本人スゴイ!

    あとがき

    近年では、このワンプッシュの虫除け剤による相談が消費者センターに多く寄せられています。噴射時に誤って顔にかかってしまい火傷のような痛みが出た方、幼い兄弟同士でかけ合ってしまったり、上の子が赤ちゃんに向けて噴射し目に入ってしまった。。。などなど。使用後は子供の手の届かないところに置く、ロックをかける、噴射口をよく確認してから使うなどの注意も必要です。

    スポンサーリンク

    コメントを残す