退職で餞別をもらった お返しの相場はいくらくらい?表書きやのしは?

投稿者: | 2015年2月22日

sennbetu.okaesi.souba

餞別のお返しは、基本 不要とされていますが
頂きっぱなし。。。と言うのも何だか気が引けますよね(^^;)

今日は餞別のお返しはいくらくらいが相場?
表書きやのしは?

など、餞別のお返しについてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

餞別 お返しの相場はいくらくらい?

先ほども書いたように、「餞別のお返しは不要」と言うのが一般的。

お返しは、多くてもいただいた金額の
半分程度までにしましょう。

それ以上や同額のお返しは、受け取る側の考え方にもよりますが
【受け入れない】と言う意味に取られる場合もあり、
失礼になる可能性も。。。。

ですので、お返しの相場としては
いただいた金額の半分くらいまで、が無難です。

餞別 お返しの表書きやのしは?

紅白の蝶結びの水引で、表書きは「御礼」「お礼」「粗品」などどします。
また、のしはつけなくてもかまいません。

スポンサーリンク

餞別を連名で頂いた場合

例えば、有志一同など連名で餞別を頂いた場合、
後日、返却する物などを会社に持って行く機会があれば、

職場のみなさんで食べてもらえるようなお菓子の箱に
有志で頂いた方には、ハンカチやタオルハンカチ、
マグカップなどちょっとした物をお返しする。

と言う方が多いようです。

この時、それぞれいただいた金額が違っていても
お返しする品物の金額は一律500円、1000円とした方が良いでしょう。

また、好みに関係なく贈れるとして、クオカードも人気です。
頂いた金額にもよりますが、500円からあるので便利ですね。

今後、会社に行く予定がない場合は?

「みなさんで」とし、日持ちするお菓子の箱を郵送してもOK!
その際、近況報告を兼ねたお礼状を書くことを忘れずに^^

餞別を個人で頂いた場合は?

住所が分かれば、やはりお礼状と共に半分程度の
お返しを贈りましょう。

職場に顔を出す機会があれば、その時に
お返しすれば良いでしょう。

まとめ

餞別やそれに対するお返しは、
会社によっては慣習がある場合もあります。

これが「正解!」と言うのはないと思いますが
参考にしてみてくださいね。

関連記事
>>退職 餞別 お返しのお礼状やメッセージはどんな風に書けばいい?例文

 

スポンサーリンク

コメントを残す