キャベツを大量消費 簡単に出来る料理と腐らせずに使い切る方法

投稿者: | 2015年10月2日

kyabetu.tairyousyouhi.kanntann

キャベツは安いし節約にはとてもありがたい野菜。でもあちこちから頂いたり、結構ダブることも多いですよね(^^;)

今日はキャベツを大量消費出来る簡単なレシピと腐らせずに食べきる簡単な方法をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

キャベツを大量消費できる簡単料理

本当に簡単で、申し訳ないくらいなのですが(笑)
我が家でよく作るのが、コレ。

ざく切りにしたキャベツ。量はお好みで。

  • キャベツを茹でる
  • ザルに上げて粗熱を取る
  • ごま油と適量のしょう油で和える
  • 以上。

    箸休めとしてもおつまみとしても大活躍。茹でるとカサが減るので半玉くらいなら食べきってしまいます。大人には、さらにラー油を数滴加えるとちょっとピリ辛になってピッタリ!おいしいですよ。

    他にも、ほうれん草と同じように茹でて「おひたし」で食べる方法も。キャベツが茹で上がったら水にさらしてぎゅっと絞り、しょう油、うまみ調味料(お好みで)、かつをぶしをかければ出来上がり。

    また、焼きそばに千切りで入れるのも大量消費出来ます。ポイントは千切り。カサが減るので焼きそばと同化して食べやすいですし、野菜嫌いな子もよけて食べるのが面倒なようで食べてくれます(笑)

    キャベツの大量消費にはスープ

    何といってもスープにするのが、楽ちんで簡単。
    人参や玉ねぎなどお好きな野菜とざく切りキャベツ、粗びき系のウインナー(ベーコンでもおいしい)を入れてトマトソース缶かコンソメで煮ます。
    卵を落として半熟で仕上げ、野菜とトロリとした黄味を絡ませて食べて下さい。粉チーズを振っても絶品(笑)夜作っておけば、朝トーストだけでは物足りない時、野菜がたっぷり食べられます。子供たちのお腹も満足です。

    スポンサードリンク

    お味噌汁もおすすめですよ。
    千切りorざく切りキャベツと油揚げ。お味噌を入れたら火を止める前に溶き卵を加えます。

    魚のロールキャベツ

    ひき肉の代わりに生鮭やタラの切り身を使ったロールキャベツです。さっぱり食べられますので、ぜひ作ってみて下さいね。

  • 魚の切り身を斜めにそぎ切りする(1枚を4等分程度に)
  • 塩コショウを振る
  • じゃがいもの皮をむき、5ミリの輪切りにする
  • 茹でて芯をそぐか叩いて柔らかくしたキャベツの葉にじゃがいも→魚→じゃがいもでサンドして巻く
  • 鍋にロールキャベツを入れ、水とコンソメなどを入れ煮る
  • 塩コショウで味を整えたら出来上がり
  • 簡単ですよね^^

    あとがき

    お肉のロールキャベツは、メジャーなので省きましたがいかがでしたか。キャベツは煮るとカサが減るので「こんなに入れても大丈夫かな?」ぐらいに入れてしまいましょう。

    またキャベツが2~3個ある場合は、1個ずつ順番に消費するのではなく、外側の葉からどのキャベツにも手を付けて順番に使っていくと、最後に残っていたキャベツが腐ってしまった!と言うことがなくなります。

    お料理によっては、外側の大きい葉を使いたい!中の柔らかい部分を使いたい!などあると思いますが、いくつもキャベツがある時は冷蔵庫にも入れやすくなるのでおすすめです。

    スポンサードリンク

    コメントを残す