赤ちゃんの向き癖が治らない原因 頭の変形が心配!治す方法は?

投稿者: | 2015年7月30日

akatyan.mukiguse.naoranai

気が付くといつも同じ方向を向いて寝ている家の子。「頭の形が歪むんじゃないかな?」「頭の形がいびつなんだけど(T T)」

ちょっと心配になりますよね。今日はいつも同じ方向を向いて寝る赤ちゃんの向き癖の原因と対処法を体験談を交えながらお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんの向き癖が治らない原因

新生児の頃から、何となくドーナツ枕を使っていた息子。でも気が付くといっつも左側を向いて寝ていました。「頭の側頭部が絶壁になっちゃうよ~」と心配になり、向きを直すとぐっすり寝ていたのに大泣き!

心配は的中し、左側の頭はぺっちゃんこ。気になって、1日に何度も何度も何度も何度も向きを変える。。。。嫌がって大泣き。これの繰り返しで、私も息子も相当疲れ切って参っていました。

そんなある日、短くて今まで見たこともなかった息子の左側の首に「しこり」があることを発見。もちろんお風呂で首もきちんと洗っていましたが、触っただけでは分かりませんでした。

ちょうど、1か月健診があったので先生に聞いてみると「ああ、首の筋肉の繊維が損傷を受けているのね。引っ張って産んだ子には出来やすいのよね。3か月経ってもしこりが残っているようなら、整形外科を紹介するわね。」

青天の霹靂。私は鉗子分娩だったため、無理矢理 引っぱって産んだ息子の首に「しこり」を作ってしまっていたのです(T T)吸引分娩で出産した方も赤ちゃんに向き癖があるなら、首をよく確認してあげてくださいね。

他にも、耳の下にしこりがあったり、斜頸、脱臼、また通常分娩で生まれた子でも首のどちらかの筋肉が緊張している(硬い)子は、「向き癖」があるようです。

赤ちゃんの向き癖を治すには?

赤ちゃんの向き癖を直す いくつかの方法があるので、試してみて下さいね。

スポンサーリンク
  • 向き癖の逆に窓際の明るい方が来るように寝かせる
  • 向き癖の逆から音が聞こえるようにする(テレビの音など)
  • 同様に反対から声を掛ける
  • 添い寝や添い乳は向き癖がある反対側からする
  • 首だけではなく、身体全体を反対側に向けて寝かせる
  •  
    しこりも何もないけど、向き癖があるなら筋肉をゆるめてあげるような次の方法も有効です。

  • 向き癖のある耳の後ろから首にかけての筋肉を指で温めたり、優しくなでてあげる
  • うつぶせにして背中の骨の両脇を優しくなでる
  • 足の指を1本ずつ軽く持って、左、右と回してあげる
  •  

    赤ちゃんは、気持ちよくなり身体全体が緩みます。そのあとそっと逆向きに体ごと横にして寝かせてあげればOK!

    赤ちゃんの向き癖には枕?

    正直なところ、枕を変えただけでは向き癖は治りませんでした。上記でも「体全体を横向きにして寝かせる」と言いましたが、身体の下にバスタオルなどを入れただけだと何かの拍子に寝返りを打たれた場合、新生児は危険です。身体を固定し尚且つ寝返りが打てないような枕がおすすめです。

    また、頭が変形しつつあるようなら、出ている方をなでてあげるようにします。

    赤ちゃんの向き癖はいつまで?

    寝てばかりいる新生児の頃と比べ、寝返りが打てたり、ハイハイが出来るようになれば「向き癖」もそんなにひどくなくなってきます。が、その頃には頭はがっつり変形しています!

    「頭の形なんて大きくなれば直る」は、ハッキリ言ってアテになりません!!

    赤ちゃんの向き癖に気づいたら、頭の歪みが気になりだす前に、とにかく早く手を打つこと。美容師の友達も「頭の形って大人になってもそのまま変形している人って多いよ」と言っていました。

    赤ちゃんも月齢が進むほど向き癖が「自分の寝やすいポジション」になってしまうので、矯正するのが大変になります。

    あとがき

    ひどい向き癖のまま寝ていた息子と格闘しつつ、上のような枕を使い何とか同じ向きで寝ないようにしましたが、こういう枕があるとは知らず、向き癖の対策を始めたのは、生後4か月以上経ってから。気づくのが遅かったせいか、ぺっちゃんこになってしまった左側の頭の形は完全には戻らず、小学生になった今でも頭の一部がとがったまんまです(^^;)

    自転車と一緒にヘルメットを購入しましたが、そのとがった頭の部分にヘルメットが当たるようで「痛い!」と言って、ヘルメットをしてくれません。

    結局、大きいヘルメットを買い直しアゴのベルトで強制固定。ヘルメットの役割を果たしてくれるのだろうか?と心配は尽きません(;^_^A アセアセ・・・

    スポンサーリンク

    コメントを残す