日焼け止め 化粧下地 ファンデの順番と崩れを防ぐ簡単な塗り方のポイント!

投稿者: | 2015年6月3日

hiyakedome.kesyousitazi.fannde.zyunnbann

夏は子供と一緒に海やプールなど日差しの下で遊ぶこともたくさん出てきますよね。そこで気になるのが紫外線対策。顔なんて特に日焼けしたくありません!!(笑)でも、いつもの化粧品アイテムにプラスで使うとなると、化粧下地とどっちを先に塗ればいいの?と迷ってしまいますよね。

今日は、日焼け止めと化粧下地の順番などをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

スキンケア 日焼け止め 化粧下地 ファンデを塗る順番

基礎化粧品からの基本的な順番をおさらいしてみましょう^^

1、化粧水
 (美容液)
2、乳液
3、日焼け止め
4、化粧下地(顔全体コントロールカラー)
 (コンシーラー・部分用コントロールカラー)
5、ファンデ

美容液やコンシーラー・コントロールカラーは使っていないなら抜かしてOK!
※また美容液は使用目的(効果)によって、各メーカーで推奨する使用順番が前後する場合があります。

化粧下地は肌をなめらかに整えて、ファンデーションの付きや持ちをよくするためのもの、毛穴に入らないようにする効果があるものです。ファンデの前に塗ることでその効果を発揮します。「化粧下地はファンデとセット」と考えて下さいね。

スポンサーリンク

上記が基本の順番ですが、コンシーラー&リキッドファンデを使用するなら、化粧下地までは同じ順番で、ファンデとコンシーラーの順番を入れ替えます。

リキッドファンデ
   ↓
コンシーラー
   ↓
  お粉

この順番に付けた方がきれいに仕上がります。コンシーラーは粉系の前!と覚えておくと良いですね!

ポイント1 日焼け止めは油分が多いものもあるので、リキッドファンデを塗るのは、少し肌が落ち着いてからにするか時間がない時は軽くティッシュオフしてから塗ると崩れにくくなります。

また、最後にお粉をはたくとモチがぐんとアップします^^

ポイント2 日焼け止めを付けると、顔が白っぽくなると言う方は、スキンケアからすぐに日焼け止めを付けていませんか?これでは、乳液の油分と日焼け止めが肌の上で混ざり合ってしまい白浮きする傾向があります。基礎化粧品の成分がお肌になじむ2~3分程度を待ってから、日焼け止めを塗り始めて下さいね。

オールインワンと日焼け止めの順番は?

化粧水や美容成分が一つになったオールインワンタイプを使用している場合でも
オールインワン
  ↓
日焼け止め
  ↓
ファンデの順番で塗ります。

あとがき

最近は化粧下地やファンデーションにUV効果のあるもがたくさん出ていますが、やはり効果は薄い。。。かな?と感じています(^^;)夏の日差しの下では、日焼け止めは必須アイテム。ですが、化粧下地をすっ飛ばしてしまうと無残な化粧崩れを起こすので(体験済み)順番を守って化粧下地は必ず使用することをおすすめしますヽ(○´Д`○)ノ

スポンサーリンク

コメントを残す