千葉 潮干狩りを楽しむならどこがいい?おすすめスポット情報

投稿者: | 2015年3月20日

tiba.siohigari.osusume

潮干狩りを目的として行くなら、まったくの収穫ゼロではちょっと寂しい。

自分でとった貝を堪能したい!と言う方に、千葉県内の人気の潮干狩りスポットを
ご紹介します。有料ですが、中にはリーズナブルな潮干狩り場も!

無料の潮干狩り場とは違い、収穫が期待できるのが嬉しいところ。
酒蒸しやパスタ、バター焼きにお味噌汁。。。。どんなメニューにしようか楽しみですね。

では、さっそく行きましょう^^

スポンサーリンク

千葉 木更津の潮干狩り

江川海岸 3月21~8月16日
☆とれる貝
アサリ、バカガイ(青柳)、ハマグリなど

潮干狩り場のポイントまで船で連れて行ってもらえます(有料)
もちろんん、徒歩でも行けますのでご安心を。

4月18日(土)~6月30日(火)までのイベント「黄金のハマグリを探そう」では
見つけるとプレゼントがもらえるそう。ぜひ、チャレンジしてみて下さいね。

料金
大人:1600円(2キロまで) 4歳~小学生:800円(1キロまで)
※超過料金800円(1キロ)

駐車場:800台(無料)
江川海岸HP http://www.egawa-gyokyou.or.jp/

金田海岸 4月4日~7月5日
☆とれる貝
アサリ、ハマグリ

こちらは、龍宮城スパ・ホテル三日月の目の前。
潮干狩り後は、お風呂に入ってさっぱり!なんていうのも良いですね。
こちらもカラフル貝をみつけるイベントがやっていて、見つけるとプレゼントがもらえるそう。
プレゼント付きだとヤル気がでますね!(笑)

料金
大人:1600円(2キロまで) 小学生:800円(1キロまで)
※超過料金800円(1キロ)

駐車場:乗用車1時間/300円
金田海岸HP http://www.kaneda.or.jp/

スポンサーリンク
木更津海岸 3月21日~8月30日
☆とれる貝
アサリ、ハマグリ、シオフキ、バカガイ(青柳)など

潮干狩りに最適な遠浅の海岸。イベントもたくさんあります。
木更津市のマスコットキャラクター「きさポン」に会えるかも!?
こちらも期間中は「金・銀のハマグリ探し」が開催されます。

料金
大人:1600円(2キロまで) 4歳~小学生:800円(1キロまで)
※超過料金800円(1キロ)

駐車場:400台(無料)
木更津海岸HP http://www.jf-kisarazu.jp/

久津間海岸 4月4日~7月5日
☆とれる貝
アサリ、ハマグリ、マテガイ、バカガイ(青柳)など

海が浅く潮の引きが早いのが特徴。
そのため他の海岸よりも1時間程度、早く潮干狩りが出来る日もあるとか。
4月18日(土)~6月30日(火)「黄金のハマグリ探し」があります。
宝探し感覚で、参加してみるものおもしろいですね。

料金
大人:1600円(2キロまで) 4歳~小学生:800円(1キロまで)
※超過料金800円(1キロ)

駐車場:1000台(無料)
久津間海岸HP http://www.kuzuma.or.jp/

千葉 船橋で潮干狩り

ふなばし三番瀬海浜公園 4月17日~6月21日
☆とれる貝
アサリ、シオフキ、マテガイなど

都心からも近いので、毎年大盛況のふなばし三番瀬海浜公園。
スポーツ施設が充実しており、年間を通して楽しめるスポット!

料金
中学生以上:430円  4歳以上:210円
※持ち帰り80円(100グラム)

駐車場:約800台(500円)
ふなばし三番瀬海浜公園HP http://www.park-funabashi.or.jp/bay/

まとめ

行ってみたい潮干狩り場は見つかりましたか?^^

潮干狩りが不適日(休み)の日もあるので、必ず各HPから確認してくださいね。
また、開催時間も載っていますので、そちらも合わせて確認してください^^

関連記事
>>千葉 潮干狩り 無料で楽しめるおすすめスポット!情報
>>潮干狩りに行くときの持ち物や服装は?何があると便利?

 

スポンサーリンク

コメントを残す