節分のうんちく 節分の鬼と福の神の意外な関係!?

投稿者: | 2015年1月14日

setubunn.unntiku.fukunokami

もうすぐ節分ですね。

子供に「節分ってなに?」
「豆をまいて鬼退治をしたら、福の神が来るの?」
と聞かれ、ちょっと言葉に詰まりました。

今日は節分のうんちく
「鬼と福の神の関係」を少々。。。。

スポンサーリンク

鬼も福の神!?

「鬼は外、福は内」と言いながら豆まきをしますが
地域によっては「鬼は内、福は内」と言うところも。

日本昔話などでは、次のようなお話があります。

節分にまく豆を買えない老夫婦が
着物を売り払って豆まきの豆を買う。

「この年まで一生懸命働いても福の神様は来られなかった。
いっそのこと「鬼は外、福は内」を反対に言ってみよう。」

そこで二人は「鬼は内、福は外」と言いながら豆を撒き始める。

すると、家々で追い出された鬼がやって来て、受け入れてくれた礼を言い
おじいさんとおばあさんに財を残す。

それ以来「鬼は(も)内、福は内」と言うようになった地域もある、
と言う「鬼が恩返しをする」内容のお話がいくつもあったりします。

スポンサーリンク

節分の福の神と貧乏神は一心同体!?

また節分の「福の神」に関しては、たとえ話として
仏教には、こんな話も。

ある家に着飾ったとても美しい女が訪ねて来た。

主がどなたか尋ねると
「わたしは功徳天である。富を与える福の神である」
と答えたため主は喜んで、その女を手厚くもてなした。

すると続いて、醜悪な女が訪ねて来た。

主がどなたか尋ねると
「私は 黒闇天である。貧乏神である」と答えた。

主は驚いて、その女を追い出そうとすると
「先ほどの福の神はわたしの姉である。
わたしたち姉妹はいつも離れたことはない。
わたしを追い出せば姉も追い出すことになるのだ。」

と主に告げた。

女が去ると、やはり美しい福の神の姿も消えていた。
主は、二人が去って大喜びをした。

この後、彼女たちはある貧しい家を訪ねると
その家の主は、姉妹を快く招き入れた。

福の神は功徳天(くどくてん)または吉祥天(きっしょうてん)
貧乏神は黒闇天(こくあんてん)または黒夜神(こくやしん)などと呼ばれ

この姉妹は表と裏、いつも連れ添って旅する姉妹、
「福の神だけ招き入れたい」と願うのが人情であるが
「一方だけを招き入れることはできない」
と言う事なのだそう。

また「黒闇天を丁重に祀れば福の神に変わる」という
信仰もあったようです。

とはいえ、この『大般涅槃経』の「教え」には
さらに続きがあって、とても奥深いので(^^;)

これはまた、別の機会にでも。。。。

まとめ

「福」を得たいと願う気持ちの裏には、不幸から逃れたい願望がありますが
豆まきの掛け声「鬼は内、福は内」は、私たちの勝手な願いなのかもしれません。

子供たちには「鬼」と言うのは、自分の心の中にある
「自分さえよければいい」と言う気持ちが「鬼」なのかもしれないよ。

「福は内」善い行いは、さらに進んで!
「鬼は外」自分の中のいじわるな気持ちは追い出すように!

と言う意味で「鬼は外、福は内」って言うのかもしれないね。
と、諭してみましたが。。。。

「う~ん。。。」と分かったのか分からないのか
どっちつかずの返事(^^;)

すぐさま、兄弟ゲンカが始まったので
分かってはいないようです(汗)

関連記事
>>節分のうんちく 節分に豆まきをする理由・節分に恵方巻きを食べる理由
>>恵方巻きの食べ方 半分はダメ?無言じゃないといけないの?具材の決まりは?
 

スポンサーリンク

コメントを残す