土鍋の手入れ洗い方!焦げや匂い、ひびが入った時のお手入れは?

投稿者: | 2014年12月3日

donabe.teire.araikata

冬は鍋料理をしたり、ご飯を炊いたり。。。と大活躍の土鍋。

今日は土鍋の洗い方、焦げや匂いが付いてしまった!
ひびが入っちゃったけどどうすればいいの?

など、土鍋のお手入れについてご紹介します。

スポンサーリンク

土鍋の洗い方


土鍋は急激な温度変化に弱く、熱い土鍋を水につけると
ひびが入る原因になります。

冷めてから、中性洗剤を使ってスポンジで洗いましょう。

また、土鍋などの「土もの」は吸水性が高いので
水分が残ったままだと匂いがついて取れなくなったり
カビが生えてしまいます。

洗った後は、布きんでよく水分を拭き取り
風通しの良い場所で乾燥させてからしまいます。

匂いが付いてしまったときは?

土鍋のにおいが気になる時は、重曹水を使います。

  • 水  1リットルに対し
  • 重曹 大さじ4

(土鍋の大きさによって水・重曹の量を加減してください)

30分つけ置きしたら、よく洗います。
この時も良く乾燥させてからしまってくださいね。

土鍋が焦げ付いてしまったときは?

やはり、上記と同じ重曹水で落とします。

水  1リットルに対し
重曹 大さじ4

を入れ、火にかけます。(お湯ではなく水から火にかけて下さい)

完全に煮立ったら、そのまま放置。
焦げがスッキリ取れますよ^^

スポンサーリンク

土鍋の内側にひびが入ってしまったら?

おかゆを煮ます。おかゆのでんぷん質が隙間に入り込み
ひびをふさいでくれます。

ごく小さいひびなら、お米のとぎ汁を煮ても
同様の効果があります。


また、土鍋の底が濡れたまま火にかけるのはダメ!
温度変化でひびが入ったり割れる場合があります。

土鍋の裏底についた黒い汚れを取るには?

土鍋は使っているうちに、火のあたるところが
黒くスス汚れが付いてしまいますよね(^^;)

底は、素焼きなのでクレンザーや金属たわしで
ゴシゴシするとキズの原因に。

水を含ませたメラミンスポンジで
こすり落とします。

スポンサーリンク

コメントを残す