子供の口呼吸の治し方!改善・矯正方法とこの体操が効果的♪

投稿者: | 2014年11月29日

kutikokyuu.kodomo

口呼吸は、雑菌が繁殖しやすくなり口臭や虫歯の原因になったり
免疫機能のバランスが崩れ、風邪をひきやすく喘息やアレルギー、
アトピーなどを引き起こす原因にもなるのだとか。。。

今日は子供の口呼吸の治し方を
ご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

ガムを食べて改善

口呼吸はクセになってしまっていることがほとんど。

出来れば赤ちゃんの頃にしていた
鼻呼吸を思い出して欲しいものです。

そこで、キシリトールガムなどで口を閉じてガムを噛む練習をする。

当然「くちゃくちゃ噛み」は出来ないので
食事のマナーもキチンとできて一石二鳥!

もちろん、ご飯を食べる時も口を閉じて食べさせるようにします。

耳鼻科を受診する

口呼吸をする原因は「鼻づまり」で
鼻で息がしづらいからかもしれません。

アレルギー性鼻炎など、鼻の疾患があれば治療することが先決。

とは言え、

「口呼吸を矯正したら、アレルギー疾患が治った!」

と言う体験談もあるので、鼻の通りが良い時を見計らって
鼻呼吸の練習をしていくと良いかもしれません。

スポンサードリンク

口呼吸防止にテープを貼って矯正する

口呼吸はクセになっているので、医療用テープをゆるめに口に貼り、
そのまま日常生活をしたり、睡眠をとる「くちテープ睡眠」と言う方法も。

※子供の場合は睡眠時はおすすめしません。
保護者の方の判断でお願いします。

「あいうべ」体操をする

口呼吸をする子供は、いつも口が半開きで開いている傾向があります。

くちびるに締まりがなくなる
→ 舌が下がる
→ 口を開ける
→ 口呼吸

と言う悪循環に。

そんなこどもの口呼吸の改善に注目を集めているのが
「あいうべ」体操です。


「あいうべ」体操のやり方

  1. 「あー」と口を大きく開く
  2. 「いー」と口を大きく横に広げる
  3. 「うー」と口を強く前に突き出す
  4. 「ベー」と舌を突き出して下に伸ばす

これを1セットとし、毎日30セットが目安。
1セットは4秒かけて、ゆっくりとした動きでやる。

詳細は「あいうべ」体操を考案した今井先生の本を参考にしてくださいね^^

まとめ

お金のかからない(笑)いつでもどこでも簡単にできる
「あいうべ」体操は、毎年大流行するインフルエンザの
予防にも効果があり、

この「くちの体操」を実施する学校が増えているそう。

ガムやテープもすぐ実践できるので
お家でお子さんと楽しみながら
ぜひ、やってみて下さいね。

スポンサードリンク

コメントを残す