風邪予防!子供に食べさせたい抵抗力がつく風邪予防に効果的な栄養素

投稿者: | 2014年11月11日

kazeyobou.eiyou

日に日に寒さを感じる季節。
冬が近づいていますね^^

寒くなると空気が乾燥して、風邪をひきやすくなります。
子供たちが体調を崩しやすいのもこの季節。

今日は、風邪予防のためウイルスに対する
抵抗力・免疫力を高めるために積極的に取りたい
食事の栄養素をご紹介します。

スポンサーリンク

基本の行動と栄養素

まず外から帰ったら「手洗い・うがい」は基本です。

子供が良く風邪をひくのは、抵抗力が弱いからだと言われています。

抵抗力をつけるためにも積極的に食べさせたい食品がこちら!

ビタミンA 鼻やのどの粘膜を保護する 
ほうれん草
ニンジン
かぼちゃ
などの緑黄色野菜。
うなぎ
ビタミンC 風邪に対する抵抗力を高める 
みかん
イチゴ
キウイフルーツ、
ブロッコリー
亜鉛 不足すると免疫力が低下する
アサリ
牡蠣
切り干し大根
豚レバー
牛肉
たんぱく質 基礎体力をつけ、抵抗力を高める
肉類
魚介類
たまご
乳製品
大豆製品

 

スポンサーリンク

普段の食事で、これらの栄養素を意識的に積極的に取り入れて
栄養バランスの整った食事を心がけることが大切。

また「寒いから外に出ない」ではなく
外に出て体を動かしましょう。

親子で遊べば、一緒に楽しく体力アップが出来ます^^

規則正しい生活を送ることと、栄養をたっぷり取ること!

寒い冬に負けずに元気に過ごしたいですね。

まとめ

我が家の子供たちは、寒くても外でよく遊んでいたのですが
近くに住む いとこは、まさにインドア派のお坊ちゃま。

たまに誘って、外で遊ぶと。。。。

必ずと言っていいほど、風邪をひいていました(^^;)

寒くても外で遊ばせることは大切なんだな~って思いました。
親もがんばりましょー!(笑)

こちらの関連記事もどうぞ!
>>インフルエンザの流行時期はいつから?予防と対策おすすめはこれ!
>>インフルエンザと風邪の違いを見分けよう!ココを見逃していませんか?

 

スポンサーリンク

コメントを残す