服を処分するタイミングやコツは?迷う、できないからの脱出【体験談】

投稿者: | 2014年11月2日

fuku.syobun

年の瀬も押し詰まり、もうすぐ大掃除を
やらなければならない時期に入りましたね。

「今年こそは思い切って、着なくなった洋服を処分するぞ!」と
意気込んで始めてはみたものの。。。。。

あれ?ほとんどタンスの中に洋服が戻ってる!?
なんて言うこと、ありませんか?

私はしょっちゅうでした。

結果、防虫剤を入れ替えただけ。。。。?と言う
意味のないことを繰り返していたわけです(^^;)

今日は私が生まれ変わるべく決死の覚悟で臨み、
習得した洋服を処分する時のコツを
伝授して差し上げましょう。(大げさ 笑)

スポンサードリンク

とは言え、分かります「洋服を処分」できない気持ち

私も最初からいきなり達人の域に達したわけではありません(笑)
(今でも達していないかも!?)

雑誌のお片付け術とかいろいろなものを読みましたが
改善するわけでもなく。。。

増える一方の洋服は収納ボックスを買って、
その中に収めていました。

「まだ着れる!」
「ほとんど着ていないからもったいない」
「そのうち、着るかも」
「高かったんだよね~」

など、いろいろな言い訳をしながら(^^;)

で、やっぱり「片付けの本」を手に取ることになるのですが
今でも手元に置いて、時々参考にしているのがこちらの2冊。

souzi

何気なく本屋さんで目に留まり、パラパラっと
読んだ時の衝撃は、今でも忘れられません。

「人生がときめく片づけの魔法」近藤 麻理恵(著)

片づけをしたことで「過去に片をつけた」
その結果、人生で何が必要で何がいらないか、何をやるべきで
何をやめるべきかが、はっきりとわかるようになるのです。

片づけはマインドが9割

そして、「すべてうまくいく そうじ力」舛岡 はなゑ(著)

よくほこりじゃ死なない、っていうけど、死ぬよ。
だからって「自分の部屋、掃除しな」じゃないんだよ。
「捨てるのは、もったいない」とか、
「モノは粗末にしちゃいけない」とかって。
‘自分’よりも大切なモノって、この世の一体どこにあるんだよ。

これは、買わずにいられませんでした。

「洋服を処分」するコツをつかめた!?

この2冊を読んで「人生がときめく片づけの魔法」で推奨されている
洋服から片付けることにしました。

ところがコレが予想以上に難しい。

本に書いてある通りにやって、かなりの洋服を処分出来たのですが
どうもスッキリしない、モヤモヤ感が。。。。

スポンサードリンク

そんな時、別の「片付け法」のコンサルティングをしている方が
「女性にとって、洋服を捨てると言うのが一番難しい」と言っているのを聞いて
なんだかとっても納得。

少し、気が楽になって私は「気になるところ」から
片づけを始めました。

すると、おもしろいことが起こり始めたのです。

洋服を処分するタイミングは洋服が教えてくれる

不思議ですが、片づけをしていると
洋服が頭に浮かんでくるようになりました。

それは、決まって「どうしよう」と捨てるのを迷って
とりあえず、取っておくと判断した洋服ばかり。

こうなると、次から次へと頭の中に
ポッ、ポッと浮かんできます。

そして、普通に生活していても その浮かんだ「洋服」が
事あるごとに出てきて、脳裏から離れないようになります。

これはもう洋服からの
「捨ててくれ、俺を大地(?)に返してくれ」と言う
メッセージだと思いました(笑)

 

それ以来、洋服を捨てるタイミングやコツは

「迷ったら捨てる」です。

 

な~んだ。と思うかもしれませんが、やはり基本はコレだと思います。

そして、捨てないのなら明日着る。
自分の中で、「明日はちょっと。。。」と思ったら
もうその洋服に、出番はほとんどないし、

明日、着たとしてもやっぱりタンスの隅に
追いやられていく運命なのです。

まとめ

「まだ着れる」と言う判断基準もやらなくなりました。
まだ着れたとしても、それを着てお友達に堂々と会うことが出来ますか?

やっぱり、どこか引け目を感じてしまうと思います。
自分が心地よくいられない洋服なら、高かろうが、まだ着れようが
それは、やっぱり自分にとっていらない洋服。

ちなみに私は、取引までの時間がかかるので
ヤフオクで売ろうとかも考えません。

安くても、リサイクルショップに持っていくか
ゴミの日に出してしまいます。

着ない洋服は、ゴミ。
家の中にいつまでもゴミを置いておくと落ち着かない。

この本たちに出会って、そんな心境になりました。

あなたもなんとな~く「浮かんでくる洋服」ありませんか?

スポンサードリンク

コメントを残す