インフルエンザの予防接種を受ける時期は?医療機関はココがねらい目!

投稿者: | 2014年10月23日

infuruenza.tobousessyu

インフルエンザが流行りだす季節。

そうなると、気になるのが

・予防接種はいつごろ受ければいいの?

・子供(13歳未満)は、2回接種と言われているけど
 どれくらい間隔をあければいいの?

など、時期や効果の持続する有効期間が気になりますよね。

今日は、インフルエンザの予防接種を受ける時期と
オススメの医療機関をご紹介します。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種は感染を予防できない!?

インフルエンザの予防接種では感染は予防できません。

「じゃ、打つ意味ないじゃん!」と言う声が聞こえてきそうですが(^^;)

厚生労働省の発表によると、インフルエンザの発症と重症化を抑える効果があるそう。

※感染とは、ウイルスが鼻や口の粘膜から入り細胞内で増殖すること
 発症とは、病気の症状が現れること

インフルエンザワクチンは、体にウイルスに対する抗体を作り、
同じウイルスが入ってきた時に、攻撃をして発症や重症化を抑える

と言うものです。

感染はしても、発症や重症化は防げると言う点で、
やはり予防接種は受けておいた方が良さそうです。

予防接種を受ける時期と間隔

地域によってインフルエンザの流行する時期が少し違ったりしますが、
ピークを迎え始める12月の上旬から中旬くらいまでには
接種を終えているのが理想です。

スポンサードリンク

また2回目の接種は、1回目の接種から4週間後に受けるのが
医学的に最適
とされています。

個人差もありますが、予防接種の効果が出始めるのが
だいたい2週間後くらいからと言われており

その後、効果は5~6か月続くそうなので
10月下旬には1回目を打ちはじめたいですね。

インフルエンザのピークを越す4月ごろまで効果が続くことになります。

また、4週間以上開いてしまっても、なるべく早めに
2回目を受けるようにすれば良いそうです。

インフルエンザの予防接種っていくらくらい?

これは、医療機関によってもかなり違います(^^;)

健康保険が適用されないので、基本的には全額自己負担になりますが
住んでいる地域によって、高齢者や子供に対し、インフルエンザ予防接種の助成
あるところもありますので、住んでいる市区町村の窓口に
問い合わせてみるといいと思います。

まとめ

インフルエンザの予防接種は、小児科で受けようと思うと
人気も値段も高い場合が多いです。

また、「電話で予約受付をしない」と言うところもあり
並んで直接予約を取りに行く場合もあり。。。

私は数年前から、皮膚科や耳鼻科で予約をするようにしています。

皮膚科や耳鼻科では、予約が要らないところや、
行ったらすぐに受けられるところもあり、値段も小児科よりは安めです。

小児科で長い順番待ちをしている間に
「うつされちゃうんじゃないの?><」という心配もなく、
精神的にもお財布にも優しいので、おススメです。

ワクチンの内容は同じ!ですから、ぜひお住まいの地域の
皮膚科や耳鼻科をチェックしてみて下さいね!

関連記事
>>インフルエンザの流行時期はいつから?予防と対策おすすめはこれ!
>>インフルエンザの疑問A型B型C型の違いって何?流行時期とその特徴は?
>>インフルエンザと風邪の違いを見分けよう!ココを見逃していませんか?
>>インフルエンザ対処法!インフルエンザに感染した時はどうすればいい?

 

スポンサードリンク

コメントを残す