便秘を治すには朝の過ごし方がカギ!お腹スッキリお通じ快調で腸美人

投稿者: | 2014年10月1日

benpikaisyou

女性に多いと言われている つら~い便秘の悩み。

便秘が慢性化すると身体に毒素をため込んでいるのと同じ状態。
肌荒れや免疫力の低下、美容にも健康にも良くありません!

腸の動きをスムーズにするために、朝の過ごし方を
少しだけ変えてみませんか?

朝の忙しい時間でも始められることばかりですし
どれも「ちょっとした習慣」にするだけで大丈夫!
体験談を交えて、その習慣をご紹介します。

スポンサーリンク

お通じ快調習慣 その1

少しだけ早起きする

毎朝、バタバタと慌ただしく出かけていませんか?
ぎりぎりまで寝ていると、トイレに行く時間も
ゆっくりとれません。

少しだけ早起きをして、朝日をたっぷり浴びると
「体内リズム」が整います。

リズムが整うと、内臓機能もスムーズに動くように
なってきます。

そして、

・きちんと朝食をとる
・トイレに行く時間を作る

体本来のリズムを整えて下さいね

スポンサーリンク

お通じ快調習慣 その2

コップ1杯の水

眠っている胃腸をスッキリ目覚めさせるのが
起きたら飲む1杯のお水。
(朝食を食べる前に飲んでください)

腸に届きやすく、刺激を受けて腸のぜん動運動に働きかけます。

※常温のお水が良いようですが、私は冷蔵庫の
冷たいお水を飲んでいます。

腸のぜん動運動が分かるくらい活発化して
うまくいけば、10分以内にお通じが来ることも!^^

お通じ快調習慣 その3

朝食を食べる

お通じをよくするためには、朝食もしっかり食べたいもの。
朝食の後は、当然ですが腸内で大きなぜん動運動が始まります。

もっとも、便秘を解消しやすい時間です。

朝食に積極的に取りたいのが、善玉菌を含む食品や
食物繊維を多く含んだ食品です。

善玉菌
納豆・ヨーグルト・味噌・漬け物食物繊維
野菜・果物・玄米・海藻類

腸内の善玉菌のエサになり、お通じ快調!
腸美人への変身をお手伝いしてくれますよ^^

お通じ快調習慣 その4

トイレに入ろう!

「トイレに行きたいな」と便意を感じなくても
とりあえずトイレに行って、5分だけでも座るようにしてみて下さい。

毎朝トイレに座っているうちに、何となくリズムが出来て
「したくなる」時が来ます(笑)

そのうちに、「朝 出る」と言うお通じの
リズムが出来上がるかもしれません。

※この時には、トイレに座るだけにしてください。
便意を感じないのにムリにいきむと、
痔になってしまうかもしれません(^^;)

不思議と「トイレ」と言う場所柄か
便意をもよおすようになってきます。

大丈夫です。焦らずに行きましょう!

まとめ

お通じをよくするための朝の過ごし方はいかがでしたか。
便秘を治すには朝のちょっとした過ごし方がカギ!です。

私も以前はトイレの中で泣きながら

「神様、こんなつらい罰(便秘)を受けるような
何かをやらかしたのであれば、どうかお許しください」

と、神様に懺悔するくらいひどい便秘でしたが、
今はお腹スッキリお通じ快調!たぶん腸も、いえ腸は美人です(笑)

この朝の習慣と共に、寝る前にやるストレッチで、さらに効果バッチリ!
こちらの記事もご覧になってやってみて下さいね。
>>便秘にはこのストレッチが効く!寝る前の30秒!翌朝に即効すっきり
>>便秘解消の食べ物 即効性があったものはコレ!

 

スポンサーリンク

コメントを残す