秋の味覚♪栗の皮むきも簡単にできる!上手なゆで方と保存方法

投稿者: | 2014年9月17日

kuri

季節を感じる代表と言えば栗もその一つ。

お料理だけじゃなく、和菓子やスイーツにも
幅広く使われる秋の味覚!

でも、「栗のゆで方ってイマイチよく分からない」と
言う方も多いのではないでしょうか?

鬼皮や渋皮が簡単に剥けるゆで方などを
ご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

鬼皮・渋皮むきも楽になる!上手なゆで方とは?

  1. 栗を半日程度、天日干しにする。
    (甘さが増します)
  2. 栗を半日~一晩、水につける。
    (ムシ対策のため)
  3. 鍋に栗を入れ、少したっぷりめの水と塩を少し入れ火にかける。
    水1Lに対して大さじ1/2 およそ1%の塩分になります。
  4. 沸騰したら、弱火にして時々、栗の上下を変えながら30分~50分くらいゆでる。
    (栗の大きさによってゆで時間は変わります)
  5. ゆであがったら火を止め、そのまま粗熱が取れるまで
    2~3時間、お湯の中に栗を入れたままゆっくりと冷ます。

こうすることで、皮が剥けやすくなり、栗もしっとりしますし
塩味も染み込み、甘さが引き立ちます。

 
圧力鍋で煮る場合は、次の通りです。

  1. 栗の下が尖った上の部分に、包丁で十字に切り込みを入れる。
  2. 圧力鍋に栗と、栗がかぶるくらいの水を入れる。
  3. 圧力鍋をセットし、火にかけて圧力が上がってから8分~10分ほど加熱する。
    (圧力鍋によって変わる)
  4. 火を止め、圧力が完全に下がるのを待つ。

圧力鍋を使うと、切込みを入れた十字から楽に剥けます。
ご家庭に圧力鍋がある方は、試してみて下さい。
 

スポンサードリンク

簡単に皮を剥くには?

栗の皮を剥くのって、けっこう大変ですよね(^^;)

栗の下の部分、角ばっているところから包丁を入れて
固い皮(鬼皮)とその下の渋皮も一緒に引き剥がすようにすると
剥きやすいと思います。

 

また、簡単に栗がむける「栗むき器」も売られているので
「我が家は栗が大好き」と言うご家庭には、重宝しそうです。

 

さらに、もっと簡単でおいしく栗を食べる方法として
試していただきたいのが、素揚げです!
皮も簡単に剥けますよ♪

  1. 栗を縦に深めに十字の切込みを入れる。
  2. 170℃くらいの油で栗を15分程度、素揚げする。

固い鬼皮・渋皮もパリパリになるので
手で簡単に剥けるようになります。

ホクホクした「揚げ栗」の完成です^^

※揚げたてはとても熱いので、布などで包んで剥いてください

 

ゆでた栗の保存方法は?

一度ゆでた栗は、密封容器など袋に入れて冷蔵庫で保存。
2~3日で食べきるのが目安です

長期保存したい場合は、冷凍がおススメ!

形が崩れてしまっても、蒸しパンやホットケーキの生地に混ぜて
焼いたり色々なレシピに使えますよ^^

 

まとめ

おいしい「栗のゆで方」をマスターしたら
お料理の幅もぐんと広がりそうですね。

ゆでただけの栗をそのまま食べても、ホクホクして
とてもおいしいものです。

今年の秋は、ご家族みんなで栗拾いに出かけてみませんか。

 

スポンサードリンク

コメントを残す