「中秋の名月」って何?その由来や意味は?うんちく編

投稿者: | 2014年8月29日

mangetu

そろそろ秋の訪れを感じる中秋の名月(十五夜)ですね。
神秘的な月に心を奪われるのは、今も昔も変わらないのではないでしょうか^^

「中秋の名月」は「十五夜」とも呼ばれ、お月見は楽しいものです。

でも、実際には どんな由来や意味があったのか?知らない人も多いと思います。

「中秋の名月」とは、そもそも何なのか?紐解いてみたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

中秋の名月、その由来は?

「中秋の名月」(十五夜)と言えば、お月見!

お月見とは旧暦(月の満ち欠けで日付を決める)の8月15日に行なう行事です。

 

旧暦では、月の満ち欠けを基準として月日を知り農業を行っていました。

新月となる日を朔日(その月の一日(ついたち))として、三日月は3日
満月は15日(十五夜)と言う具合ですね。

 

中秋の名月(十五夜)の時期は、芋類などの収穫の時期にもあたるので、
別名「芋名月(いもめいげつ)」ともいい、豊作を祝った収穫祭であったのではないか
との説が有力です。

それが、中国の宮廷行事として行われれるようになり
遣唐使によって平安時代に伝わったと言われています。

中秋の名月を愛でる風習は貴族の間で行われていましたが、
やがて「お月見」として楽しむのが一般的に広がっていったようです。

 

中国では各地方にもよりますが、現在でも里芋、ピーナッツ、栗、クルミ
などをお供えした後「災難や病気をとり除く」という意味から、
皮をむいて食べると言う風習が残っています。

 

 

「中秋の名月」か「仲秋の名月」どっちの漢字が正しいの?

旧暦で【仲秋】とは、7月を初秋、8月を仲秋、9月を晩秋と全体を指すのに対し
【中秋】は秋の真ん中(旧暦で8月15日)と言う意味で、
十五夜のときは「中秋の名月」と書く方が多いようです。

「仲秋の名月」が間違っているわけではありませんが、
(7月、8月、9月)の名月と言う意味合いが強くなります。

 

スポンサードリンク

 

中秋の名月なのに、満月じゃない!?

「中秋の名月」(十五夜)には、必ずきれいな満月が見られるか?と言えば
毎年そうではありません。

これは、月の満ち欠けが1日単位ではないので、1~2日ズレてしまいます。

また、現行の新暦とはシステムが違う旧暦(月の満ち欠けで日付を決める)で
計算しているため、毎年「中秋の名月」の日にちが違います。

 

2014年の中秋の名月(旧暦8月15日)は9月8日(月)

2014年の満月は翌日、9月9日です。

 

2011年~2013年まで、中秋の名月と満月が重なった貴重な3年でしたが、
次に次「中秋の名月」が満月になるのは、7年後!

東京オリンピックのさらに翌年、2021年9月21日です。

 

まとめ

「中秋の名月」の由来はいかがでしたか?

今年も素敵なお月様が見られるといいですね。

 

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す