赤ちゃんや子供の虫除け 顔はどうすればいい?安全に使えるものは?

投稿者: | 2016年4月8日

kodomo.musiyoke.kao
夏も近くなると悩まされるのが蚊による子供の虫刺され。カラダはそれなりに防御できてるけど、顔って無防備。「顔だけ刺されて腫れちゃった!><」と言うことも多いですよね。

顔に虫よけスプレーは出来ないし。。。かと言って、お外で遊びたいお年頃。

顔の虫除けについて安全に使えるものはないのか探してみたのでご紹介します。

スポンサードリンク

赤ちゃんや子供の虫除け対策は?

まずは薬剤を使った虫除けを使用する前に基本の対策をしっかりしましょう。

蚊は汗に含まれる乳酸が大好き。汗をかいたままでいると蚊が近寄りやすい状態になってしまいます。日陰で遊ぶようにしたり、ベビーカーは日除けカバーをきちんとするなど汗をかかない工夫をすることも大切です。

特に動きたい盛りの子供は、髪の毛までぐっしょりと汗をかきながら遊んでいることもしばしば(^^;)汗をかいたらこまめに拭いてあげるようにします。

また蚊は濃い色の洋服に集まってくるので、黒っぽい服装は避けたり、体験からの感想ですが熱中症対策の首にカバーが付いている帽子を利用すると、意外と顔の周りも刺されないで済みます。

赤ちゃんや子供の虫除け安全なものは・・・ない!?

虫除け剤に使われる忌避成分には『ディート』が配合されています。ディートは一般的に毒性は低いとされていますが、まれに体への影響があると報告されている成分。アレルギーや神経障害なども報告されています。完全に安全とは言い切れない疑わしい点が多いため外国では子供への使用を厳しく規制しているところも。

日本では

  • 6か月未満の乳児への使用は控える
  • 6ヵ月~2才未満は1日1回
  • 2才~12才未満は1日1~3回
  •  
    と、乳幼児への使用を注意喚起しています。

    注意書きで使用回数を制限していますが、実際には それだけの使用回数で蚊を防ぐのは無理!と言う場合も多いですよね。

    「子供が吸い込まないように」とローションやウエットティッシュなどの【塗るタイプ】を使っているママも多いと思いますが、赤ちゃん用として販売されている製品の中でも『ディート』が含まれているものが結構あったりします(^^;)

    かわいいイラストを見て「子供用なのね」と購入してしまった方は、成分表示を確認してみてください。

    塗るタイプとは言え『ディート』成分の虫除けは、赤ちゃんが薬剤の付いた手を舐めたり、目をこすったりすることを考えると顔には積極的に使いたくありませんよね。

    赤ちゃん 子供の虫除けにオーガニックが人気

    やはり安全な虫除けを考えるとオーガニックの自然なものと言う結論になると思います。1児のママ梨花さんがブログに載せていたこともあり、人気が出た(?)アロマ成分を使ったパーフェクトポーション アウトドアボディスプレーに注目が集まっています。


    こちらは生後6か月以上の赤ちゃんから使用可能。
    また【顔、目のまわりにはスプレーしないでください】となっています。


    新生児からも使えるのがエルバビーバ・オーガニックバズスプレーです。
    こちらは【目の周りを避け、肌・髪・洋服に適量をスプレーしてください】


    乳幼児に使える虫除けとして無添加工房OKADA 虫よけスプレーも人気があります。
    【口や目に入らないようにご注意ください】となっています。

    顔の虫除けで考えると、パーフェクトポーション アウトドアボディスプレーは【顔には使用しない・6か月未満の赤ちゃんは使用不可】となっていることから、下のエルバビーバ・オーガニックバズスプレーと無添加工房OKADA 虫よけスプレーの方が【口や目を避けて】となっているので、より安心かな?と思います。

    ですが顔への使用は推奨されているわけではありませんし、こういう注意書きがある以上保護者の方の判断で!と言うことになります。

    使用の際は、直接スプレーせずに手のひらに取って伸ばしてから塗ってあげるのがべスト!
    そしてやはり。。。。目の周りは避けて塗ってあげるのをおすすめします。

    スポンサードリンク

    赤ちゃん 子供の虫除けで顔はどうすれば良いの?

    質の良いハッカ油は、虫除けになったり消臭・抗菌、炎症を抑える、さらに「口に入れても大丈夫」と言われることから、一番のおすすめはハッカ油!と言いたいところなのですが、スースーするのが難点。

    寝苦しい夜、湯船に2~3滴垂らすと爽快感から快適に過ごせて、虫除けになると言う利点もあるのですが目に入ると大変!

    蒸し暑い夜に寝つきの良さと虫除けを兼ねて。。。使用することもおすすめですが、入れ過ぎると眠くなった時にハッカ油の成分が付いた手で目をこすって大泣きされてしまうかもしれません(^^;)

    このあたりもやはり【加減】が必要だと思います。


    湯船に2~3滴から、さらに薄めたハッカ油入りのお湯につけて絞ったタオルで顔を拭く程度に使うのがおすすめです。

    ですが、このあたりの判断も自己責任でお願いしたいと思います。

    あとがき

    赤ちゃんや小さい子供の顔の虫除けはとても気を使ってしまうのですが、自信を持って「これ!」とおすすめ出来るものがないのが現状です。

    顔への使用はあくまでも自己責任でとお願いするしかないのですが、上記でご紹介したアロマ成分の虫除けを上手に使って虫除け対策をしてみてください。

    関連記事>>ワンプッシュの虫除け 赤ちゃんへの影響は?どんな使い方をすれば良い?
    >>赤ちゃんの虫除け 虫コナーズなどの吊り下げを使っても大丈夫?効果は?

    スポンサードリンク

    コメントを残す